ここから本文です

西日本は非常に激しい雨のおそれ 土砂災害に厳重警戒

7/9(日) 6:26配信

ウェザーマップ

 西日本では大気の状態が非常に不安定となっており、きょう9日は非常に激しい雨の降る所がある見込みだ。西日本を中心に土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要となる。特に九州北部地方では、これまでの大雨で地盤が緩んでいるため、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 きょうも梅雨前線は西日本に停滞しており、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本では大気の状態が非常に不安定となっている。

大雨・雷・突風

 西日本では、九州北部や山陰など雨雲が発達している所があるが、このあとも非常に激しい雨の降る所があり、大雨となるおそれがある。
 
■10日午前6時までの予想雨量(多い所)
 九州北部地方、中国地方 120ミリ

 九州北部地方では福岡県朝倉市で5日からの雨量が600ミリを超える記録的な大雨となるなど、地盤の緩んでいる地域がある。引き続き、九州北部地方では土砂災害に厳重に警戒が必要だ。

 また、九州北部地方では日中30°C以上の真夏日となる予想で、こまめな水分補給などの熱中症対策が必要となる。

Yahoo!ニュースからのお知らせ