ここから本文です

サントリーのビールCM炎上の舞台裏 電通社員「炎上を狙うことがある」

7/9(日) 10:45配信

BuzzFeed Japan

サントリーが7月4日に発売開始したビール「頂(いただき)」。そのPR動画の内容が「不快」「卑猥」と指摘を受けて、公開中止となった。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

CMの炎上と公開中止は、なぜ繰り返されるのか。BuzzFeed Newsは、担当した代理店に勤務する現役社員らに話を聞いた。

そもそもの経緯

同商品の売りは「高麦芽量」「高醗酵」「高炭酸」。3つを兼ね備えた力強いコクと飲みごたえを、謳い文句にしている。

4日の発売に伴い、6日から「絶頂うまい出張」と題するPR動画を特設サイト、YouTube、Twitter上で公開した。

北海道、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡の6都市を舞台に、全国各地の人々が「頂」を飲んで“幸せの絶頂へ向かう”姿を描いた動画だった。

動画は男性からの視点で作られており、各都市で出会った女性と食事をするという内容。視聴者はまるで女性と一緒に食事をしているように感じる作りだ。

その中で「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあ」「コックゥ~ん!しちゃった…」などといったセリフがあった。

これにネットユーザーから「不適切」「卑猥」といった批判の声が上がった。サントリーは翌7日に公開を中止。公式サイトには以下の謝罪文が掲載された。

**
お詫び

「絶頂うまい出張」については、視聴されたお客様からのご意見を受け、公開を中止いたしました。

今回皆様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後の宣伝活動に活かして参ります。
**

公開中止後もSNSを中心に批判の声は続いている。サントリーだけではなく、広告代理店にも矛先が向かった。

「燃えて当然」現役電通社員の胸中

代理店は、国内最大手の電通グループだった。PR動画の狙いは何だったのか。炎上は予測できなかったのか。BuzzFeed Newsは、匿名を条件に複数の現役電通社員に話を聞いた。

炎上した動画の制作担当者を知る同僚は「『炎上やむなし』という感じだったようだ」と話す。

問題になった「絶頂うまい出張」はウェブのみでの展開だった。テレビCM版では唐沢寿明さん、板谷由夏さんを起用し、「コックゥ~ん」という文言は使っているものの、ウェブ版のような卑猥な連想をさせるものはない。

なぜ、ウェブ版はテレビ版と違い炎上の危険性がある内容となったのか。この同僚は、ウェブ広告の見られ方に原因があると解説する。

「ウェブなら、燃えたほうが話題になるので、炎上スレスレ。または炎上狙いをすることがあります。普通のウェブコンテンツって全然アクセスがないんです。商品の広告をわざわざ見る人はいないので」

ネットでは炎上でも何でも、話題になりさえすれば、コンテンツは次々と拡散される。TwitterやFacebook、ネットメディアも取り上げる。

「それで結果的にたくさんの人が見る」ことを狙うという。

実際、YouTubeには公開中止になったいまも問題の動画が数多くアップロードされている。削除前に保存し、許可を得ないままにアップした人たちだ。「証拠」として残す人もいれば、それで再生回数を稼いでいる人たちもいる。

1/2ページ

最終更新:7/9(日) 21:01
BuzzFeed Japan