ここから本文です

人気お笑い芸人、“東京都子育て支援員研修”をガチ受講

7/9(日) 0:30配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月3日(月)深夜放送の「ランパンプスのオールナイトニッポン0(ZERO)」で、東京都が子育て支援の担い手となる人材を養成する“東京都子育て支援員研修”に参加したことを報告した。

ランパンプスの寺内ゆうきが、小中高の教員免許と保育士の資格を取得ていることから、東京都の待機児童対策として、保育の現場で働くひとを応援する “とうきょうホイクマン” に任命された。先月6月には、東京都庁第一本庁舎で行われた任命式に出席し、小池百合子都知事より任命状とエプロンを受け取った模様は、各メディアで取り上げられた。

一方、相方の小林良行は資格を持っていないことから、保育や子育て支援分野の各事業に従事するうえで、必要な知識や技術などを学ぶ「子育て支援員」の養成研修を受講。この研修の様子は自身のTwitterで「今日も張り切って学びます」という意気込みのコメントや、学んだことをメモしたり、たくさんの付せんが張られた写真と共に上げている。ラジオの中でも「誰よりも勉強した」と真剣に取り組んだことを話したが、“お笑い芸人”ということで周りの受講生や先生にいじられてしまったという。

小林:授業ではディスカッションと発表もあって、1チーム6人で、その中で司会役・書記・発表者を決めることになった。グループには外国人の方もいた。で、この役割を決めようってなったらチームの5人が急にこっちを見てきたの

寺内:このひとが、やってくれる!って目で見てきたの?(笑)

小林:司会も頼まれたら全然やりますよ、って思ったけれど……

寺内:「普段から司会やってます!」って言えばよかったのに

小林:ないない!「慣れていそうだから、発表役もどうですか」って言われて、え?って思ったけれど、人前に立つことは慣れているし、「わかりました、発表役もやりましょう」って言って

寺内:兼任?

小林:他のチームは兼任なんていないのに

寺内:凄いじゃん!選手兼監督みたい

小林:さらに「書記役もやりますか?」って言われて。いやいや、オレ三刀流?って思って。「さすがに書記は違う方がやりましょう」って言って

寺内:あ、ツッコミを入れたのね。ちゃんとお笑いやってるじゃん

小林:いや、お笑いじゃない、指示!それで司会と発表をやることになって、【保育園と保護者と地域間のコミュニケーション不足によって生じる問題】についてを発表することに

寺内:そう、その3つの関係性が大切だもんね(笑)

小林:で、先生が「チーム名を決めてください」って、そうしたら女子大生が発表するチームが「フレッシュガールズです!」って言って、クスクス笑いが起こって

寺内:いいですね~会いたい(笑)

小林:ふざける感じもアリなんだな~って思い、次に発表したサラリーマン風の方はいつもパワーポイントを使っているのか、すっごい上手くて!「私みたいなおっさんが~(笑)」とか言って自虐も入れて、笑いも起こって

寺内:ビジネスマンって感じがするね

小林:で、手を上げたりしていたんだけど、先生が全然あててくれなくて。発表のトリになっちゃった

寺内:違うよ!それ、先生がイジってるじゃん(笑)

子育て支援員研修は、会社の中の保育所や一時預かり事業などで勤務する方向けのコースや、学童クラブで働く放課後児童支援員の補助者として勤務する方向けのものなど、いくつかの種類がある。研修を修了し、“子育て支援員”として認定されると、小規模保育や家庭的保育、子育てひろば、学童クラブなどで活躍することが期待されているという。

ニッポン放送