ここから本文です

人間味溢れるキャプテンが現役引退を表明 来シーズン以降はアーセナルのコーチへ

7/9(日) 10:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

16-17シーズンはわずか2試合の出場に留まる

アーセナルに所属するペア・メルテザッカーが、来シーズン限りで現役を引退することをクラブ公式サイトにて発表した。また同時に17-18シーズン以降は、アーセナルのアカデミーのコーチに就任することが決まっている。

ハノーファーでキャリアをスタートさせたメルテザッカーは、ブレーメンを経て2011年にアーセナルに加入した。またドイツ代表としては104キャップを誇り、2014年のブラジルW杯では24年ぶりの優勝に貢献している。同選手はクラブ公式サイトにて、ラストシーズンへの意気込みを語った。

「エキサイティングな幕開けだ。今後もアーセナルの一員でいられることを嬉しく思うよ。現役で戦うラストシーズンはチームのために全力を注ぎ、成功できるよう期待している。そのあとは若い選手たちを、アーセナルのトップチームで戦えるように手助けしていく。とてもエキサイティングなチャレンジが楽しみだよ」

メルテザッカーは16-17シーズン、怪我の影響でわずか2試合の出場に留まっていた。しかしその内の1試合であるFA杯決勝では、チェルシー相手に素晴らしいプレイを見せ、優勝に大きく貢献している。選手としてはまだまだ戦えるが、決心したキャプテンのラストシーズンに期待したい。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報