ここから本文です

ウィル・パワーが今季4回目のPP獲得。佐藤琢磨5番グリッド獲得/インディカー・アイオワ予選

7/9(日) 9:45配信

motorsport.com 日本版

 インディカーシリーズ第11戦アイオワ・コーン300の予選が行われ、ペンスキーのウィル・パワーがポールポジションを獲得。アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨は5位に入った。

【リザルト】インディカー・シリーズ第11戦アイオワコーン300スターティンググリッド

 パワーはこの日2周の平均速度185.210mphを記録し、ポールポジションを獲得。今季4回目、このアイオワ・スピードウェイでは2回目のポールポジションとなった。

 このパワーのペースは、エド・カーペンター・レーシングのJ.R.ヒルデブランドを1.4mph上回るものだった。

 このヒルデブランドが2位。その後方にはパワーのチームメイトであるエリオ・カストロネベスと、ヒルデブランドのチームメイトであるエド・カーペンターが続いた。

 佐藤琢磨は、これら4人の直後につける5位。ホンダエンジンユーザーの中で、最速のペースを記録した。ただその後方には、ミカエル・アレシン(シュミット・ピーターソン)やトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)ら、ホンダ勢がズラリと並んでいる。

 アイオワ・コーン300の決勝レースは日本時間の7月10日(月)5時40分(現地時間7月9日16時40分)にスタートする。

David Malsher