ここから本文です

清水悠太 ストレート勝ちで2回戦へ、羽澤慎治と本玉真唯も初戦突破<男子テニス>

7/9(日) 15:09配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、ジュニアの男子シングルス1回戦が行われ、第5シードの清水悠太(兵庫県/西宮甲英高校)がR・ナイボール(オランダ)を6-1, 7-6 (8-6)のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

【ウィンブルドン対戦表】

この試合、2度のブレークを許した清水だったが、自身はナイボールのサービスゲームを5度破って1時間25分で勝利を手にした。

2回戦では、P・キプソン(アメリカ)とA・ザハロフ(ロシア)の勝者と対戦する。

この日、その他のジュニア日本勢では羽澤慎治(兵庫県/西宮甲英高校)と本玉真唯(東京都/ 日出高校)が初戦突破を果たしたが、宮本愛弓(千葉県/ ローズヒルテニスクラブ)、佐藤南帆(東京都/有明ジュニアテニスアカデミー)、内藤祐希(東京都/ TEAM YONEZAWA)は1回戦で敗れた。

tennis365.net

最終更新:7/12(水) 18:00
tennis365.net