ここから本文です

ウォズニアッキ 2年ぶり16強、世界38位コンタベイトに逆転勝ち<女子テニス>

7/9(日) 18:54配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、女子シングルス3回戦が行われ、第5シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)が世界ランク38位のA・コンタベイト(エストニア)を3-6, 7-6 (7-3), 6-2の逆転で下し、2年ぶり6度目のベスト16進出を果たした。

【ウィンブルドン対戦表】

この試合、第1セットを落としたウォズニアッキだったが、第2セットをタイブレークの末に奪い返し、セットカウント1-1に。ファイナルセットでは、コンタベイトに1度もブレークを許さず、2時間で勝利した。

4回戦では、第24シードのC・バンデウェイ(アメリカ)と対戦する。バンデウェイは、3回戦でA・リスケ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

ウォズニアッキは、ウィンブルドンに今年で11年連続の出場で、今回を含めて6度ベスト16に進出している。昨年は、1回戦でS・クズネツォワ(ロシア)ストレートで敗れた。

今季は、カタール・トータル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTAプレミア )ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(UAE/ドバイ、ハード、WTA プレミア)、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミアマンダトリー)で準優勝。

ウィンブルドン前哨戦のAEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)では今季4度目の決勝進出を果たしたが、プリスコバにストレートで敗れて今シーズン初優勝とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7/9(日) 18:54
tennis365.net