ここから本文です

錦織 残りシーズンへ向け休養「数日間休む」<男子テニス>

7/9(日) 21:01配信

tennis365.net

錦織圭

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で2年連続3度目のベスト16進出とはならなかった錦織圭は9日、自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、「今年の残りのシーズンへ向けて準備を始める前に、数日間休んでいるところです」と投稿した。

【ウィンブルドン対戦表】

世界ランク9位の錦織は、現在行われているウィンブルドンに第9シードで出場。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)で負った怪我が心配されたが、1回戦で世界ランク102位のM・チェッキナート(イタリア)、2回戦で同122位のS・スタコフスキ(ウクライナ)を破って2年連続で3回戦に駒を進めた。

3回戦では、4連勝中で負け無しのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦。第18シードのバウティスタ=アグの安定したストロークを前にミスを重ねた錦織は、第1・2セットを落とし崖っぷちに立たされる。

続く第3セットを奪い返し、第4セットでも第1ゲームで先にブレークに成功した錦織だったが、勢いに乗るバウティスタ=アグを止めることが出来ず3時間21分で敗退となった。

4-6, 6-7 (3-7), 6-3, 3-6で敗れた3回戦については「昨日はタフな試合だった。自分のチャンスを活かせなかった」と振り返った。

今後は7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に出場する予定。

最後にファンに向け「ワシントンで会いましょう」と締めくくった。

tennis365.net

最終更新:7/9(日) 21:01
tennis365.net