ここから本文です

日ハム栗山監督「すべて上沢のおかげ」  久々の「らしい」試合で連敗脱出

7/9(日) 17:09配信

Full-Count

上沢が7回0封の好投…「毎回、ファイターズらしいという言葉使っていますが…」

 日本ハムは9日、ソフトバンク戦(札幌D)に2-0で勝ち、連敗を5で止めた。先発・上沢が強力ソフトバンク打線相手に7回無失点の好投。バックの好守に守られ、今季2勝目を挙げた。打っては西川、市川がタイムリー。接戦をものにし、連敗を脱出。栗山監督は力投した右腕について「本当に素晴らしいピッチングだったと思います」と絶賛した。

【動画】先制を阻止した日ハム松本の正確無比な高速レーザー送球! ソフトB柳田を悔しげな表情浮かべる

 試合後の栗山監督の一問一答は以下の通り。

――連敗が止まった。

「久しぶりにこういうゲームができた。毎回、ファイターズらしいという言葉を使っていますが、先発ピッチャーが我慢しながら試合を進めて、少ないチャンスを生かして。本当に久しぶりにこういう試合だったので。それもすべて上沢のおかげ。ひるむとなく攻め続けたし、本当に素晴らしいピッチングだったと思います」

――上沢投手は特にどの辺りが良かったか。

「真っすぐの質がすごく良くなっている。フォアボールにつながらないというところも、質のいい真っすぐを投げられているので。らしい、いいボールだった」

――守備でもいいプレーがあった。

「みんなで何とか守ろうということころがすごくあった。(4回の松本からバックホームを捕球してアウトにした)イチ(市川)もああいう難しいバウンドを取りながらタッチするのは、コリジョンもあって本当に難しかったと思いますが、いいプレーだったと思います」

――西川選手が先制タイムリー。

「一番信頼して、遥輝で勝負だと思っていたので、良かったです」

――7回無死二、三塁を抑えたことが大きかった。

「打たれてない中でああいうピンチになってしまって、上沢に申し訳ない形だったけれども、あそこをしのいでくれた。素晴らしかったですね」

――その裏、そのまま打席に送った市川選手がタイムリー。

「今日のイチ(市川)のピッチャーを引っ張る感じというは、素晴らしかったので、そこは代えてはいけないと。元々打てるバッターなので、そろそろ自分らしくやってくると信じていた」

――明日からオールスター前最後の3連戦。

「全員で残り3試合とかじゃなくて、最後の試合だと思って1試合1試合やるしかない。そのうち何か大きな流れができると信じて、しっかりやってきます」

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

最終更新:7/9(日) 17:09
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 2:40