ここから本文です

「日本にとって一大ニュース」、ロイブルHCがU19代表の躍進を称える

7/9(日) 15:23配信

バスケットボールキング

 7月9日(現地時間8日)にエジプトのカイロでFIBA U19バスケットボールワールドカップ2017の9-12位決定戦が行われ、男子U19日本代表チームがエジプト代表を相手に76-73で勝利し、今大会の10位以内が確定した。

 日本代表の指揮を執るトーステン・ロイブルヘッドコーチは試合後、「選手たちをとても誇りに思う。世界のトップ10に入ることができたことは本当に素晴らしいことだし、日本にとっては一大ニュースだと思う」と称え、「最初からかっこよく勝つことはできないと思っていたし、敵地という環境で肉体的に不利な部分もあったが、最後の最後に勝てて良かった」と安堵の表情を見せた。

 また、「(延長戦に入っても)負ける感じはしなかった」と明かし、「ディフェンスは素晴らしかったし、走力を活かして得点を取れたことも大きかった」と手応えを口にした。

 「次の試合に勝てば、4勝3敗で大会を終えることができる。世界のトップ10に入ったことも素晴らしいが、最高の結果を残して終わりたい」。10日(同9日)に行われるプエルトリコ代表との最終戦に向けて意欲を示した。

BASKETBALL KING