ここから本文です

「私たちはなぜ沖縄の基地を引き取るのか」 東京でシンポ 当事者意識持ち啓発へ

7/9(日) 10:00配信

沖縄タイムス

 東京、大阪、福岡、新潟で在沖米軍基地の引き取り運動をしている市民団体の代表らが集まったシンポジウム「私たちはなぜ沖縄の基地を引き取るのか」が8日、都内であった。本土側が沖縄に基地を押し付けているという当事者意識を持ち、安全保障論議を深めていく方向性を確認し合った。

 「本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会」の里村和歌子代表は「そろそろ沖縄に甘えるのをやめて、自分の足で立とう」と呼び掛け。「沖縄に応答する会@新潟」の福本圭介新潟県立大准教授は「基地問題の『現場』は辺野古だけではない。問題を引き起こし、引き受けない本土も『現場』だ」とし、運動の輪を広げていく考えを示した。

 「沖縄差別を解消するために沖縄の米軍基地を大阪に引き取る行動」の松本亜季代表は、8カ所を移設候補地に挙げているとし「市民の声を聞きながらもう少し絞り、大阪府にも要請したい」と語った。

 「沖縄の基地を引き取る会・東京」の飯島信共同代表は「日米安保を支持することは、基地を引き取るということ。その認識を本土で広めたい」と話した。

最終更新:7/11(火) 14:35
沖縄タイムス