ここから本文です

フェルスタッペン「黄旗でロスした後、“ダメもと”で攻めたらスピン」レッドブル F1オーストリア土曜

7/9(日) 11:39配信

オートスポーツweb

 2017年F1オーストリアGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは6位だった。

2017年F1第9戦オーストリアGP ファンの声援を受けて走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

マックス・フェルスタッペン 予選=6位
 予選がどうなるかの予想はできないものだけど、今日の結果は妥当だと思う。マシンのバランスがもう少し良くなることを期待していたが、全体的には悪くないね。

 ターン3でさまざまなラインをいくつも試し、そのたびにリヤのコントロールを失っていた。最後の走行ではタイムが向上しつつあったのに、(ロマン・)グロージャンがコース上に止まっていたからストレートでDRSを使えなかった。あのストレートでDRSが使えないと、簡単に0.25秒くらい失ってしまう。

 その後のコーナーで取り戻そうとしたけれど、ターン7でスロットルを開けるのが少し早すぎたみたいで、リヤのコントロールを失った。

 明日、メルセデスやフェラーリと互角に戦えるだけのスピードは僕らにはないと思う。けれどもレースではいろいろなことが起こり得るから、どうなってもおかしくない。

 少し不安定なコンディションになれば、僕らにとって好ましい展開になるかもしれない。良い戦略で走ることができれば、うまくいくかもしれないよ。

 スタンドのいたるところにオレンジ色が見えて、すごくうれしい。みんなのためにいいレースができるよう、頑張るつもりだ。

(ターン7でのスピンについてCrash.netに語り)いいラインをとるのが難しくて、いろいろ試していたけど、Q3でますます悪くなった。最初のランでは問題があってタイムを失い、2回目のランではターン1の内側の縁石にヒットした。自分の走りに満足できなかった。
     
 もう一回出て行ったら、ターン1とターン3ではすべてうまくいった。そしたらイエローフラッグが出て、0.2秒を失った。でも自分のラップから0.1秒遅れだったから、プッシュし続けて、ターン6ではいいラップになりそうだと思っていた。そしたらターン7でスロットルを開けるのが早すぎてリヤが流れてしまったんだ。仕方ないね。普通はイエローフラッグが出たら、そのラップはおしまいなんだし。       

[オートスポーツweb ]