ここから本文です

F1 Topic:本当に将来的に可能性がある?ホンダのワークス参戦報道について

7/9(日) 18:50配信

オートスポーツweb

 あるF1ネットメディアが「ホンダのF1ワークス参戦」について報じた。それによれば、「将来的には可能性がある」という。 

 しかし、ホンダはこの件を明確に否定している。なぜ、このようなニュースが流されたのか。それはFIAが金曜日に行った定例会見のトランスクリプト(口述を清書したもの)が長谷川祐介ホンダF1総責任者の発言を誤った言葉で発信してしまったからである。

 ネットメディアは長谷川総責任者の発言を次のように伝えている。
「とりあえず、いまのところは我々にはチームを持つというアイデアはあります。しかしながら、F1では何が起こるかわかりません。いずれにしろ、そのようなアイデアはあります」

 トラススクリプトでも、長谷川総責任者は次のように語っていたことになる。
“So far we have an idea to get, to have a team ? but of course for the future, so that nothing, anything has happened in Formula One. We have an idea, at all.”

 だが、筆者は会見場に出席していたが、長谷川総責任者はそのようには発言していない。では、なんと言っていたのか。それを記そう。
“So far we have no idea to get, to have a team ? but of course for the future, so that nothing, anything has happened in Formula One. We have no idea, at all.”


 つまり、FIAのトランススクリプトの誤った箇所は、2カ所ある「no idea」を「an idea」にしたことだ。

 筆者はこの発言を日本人として、「参戦の意思はまったくない」と理解できたが、一方で海外、とりわけイギリス人には誤解を招く発言にならないかと、少し心配した。というのも、日本人は「そのような考えはありません」という意味で「I have no idea」という英語を使うが、じつはこれ「全然、わかりません」という意味だからだ。

 つまり、イギリス人は長谷川総責任者の発言を「いまのところ、まったくわからない」と受け取ってしまった可能性がある。しかし、それでは意味が通じないと先読みし、「no idea」を「an idea」にしたのではないだろうか。

 ちなみに、金曜日の会見で長谷川総責任者は、ワークス参戦を否定しただけでなく、ウイリアムズへの供給についても完全否定している。もちろん、2018年にマクラーレンがメルセデスを搭載するという噂は、長谷川総責任者だけでなく、同席していたエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)、トト・ウォルフ(エグゼクティブディレクター/ビジネス)の3者全員が否定していたことも、付け加えておこう。

[オートスポーツweb ]