ここから本文です

【速報】京都大作戦 2017、誰もが伝説を生きた最終日

7/9(日) 22:10配信

rockinon.com

マキシマム ザ ホルモンが雷雨の中で3曲プレイ(ものすごい光景と盛り上がりだった)したところで、源氏ノ舞台・牛若ノ舞台は参加者の安全を優先し演奏を一時中断。参加者の忍耐強い協力のもと、屋内やシャトルバスへの避難がすすんだ。

再開の目処が立ったところで、源氏ノ舞台エリアへの来場者の再入場がすすめられると、19時05分に10-FEETの3人が登場。20時までの限られた時間をマキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTY、10-FEETで協力してライブを行うことを宣言した。

ホルモン・ナヲが「おれたちは今、伝説の中にいるーっっ!!」と吠え、恋のおまじないから一曲必殺のパフォーマンス。出演者全員集合のダンスの狂騒の中、氣志團は騎馬を組んで盛り上げていた。高速転換を経て、ROTTENGRAFFTYは3曲のみ。雨の中で熱いチャントやしゃがみジャンプの光景を巻き起こし、日の暮れた故郷に金色の夕焼けを描いてみせた。

そしてトリの10-FEETも、やはり3曲。ロットンとマンウィズの二連砲ボーカル×2とコラボし、TAKUMAが「よっしゃー、なんとか間に合う! みんなごめんなー! でもありがとう。来年またリベンジさせてくれー!!」と告げて、またもや出演者が大集合。夜空にサクラが舞った。

伝説的にカッコよくて、伝説的に美しくて、伝説的に悔しい1日だった。誰にとっても、一生忘れられないフェス体験になったはずだ。これだけははっきり言っておきたい。アーティストもスタッフもオーディエンスもベストを尽くし、手に入れたベストのフイナーレだった。

3日間ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。後日公開のライブレポートを書きます。そちらもよろしくお願いします。(小池宏和)

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:7/9(日) 22:10
rockinon.com