ここから本文です

デフォー、がんで亡くなった親友ブラッドリーくんを追悼「心の中でいつも一緒」

7/9(日) 7:46配信

SOCCER KING

 ボーンマスに所属するイングランド代表FWジャーメイン・デフォーが、7日に亡くなった親友のブラッドリー・ローリーくんにメッセージを送った。

 サンダーランドのファンだったブラッドリーくんは、わずか18カ月の時に小児がんが発覚し、長い闘病生活の末に、7日に6歳という若さで天国へと旅立った。

 ブラッドリーくんが亡くなったニュースを受け、サッカー界からも続々と悲しみの声が寄せられた。2015年~今夏までサンダーランドで活躍し、ブラッドリーくんと親交を深めたデフォーは一夜明けた8日に、自身のTwitterで追悼のメッセージを掲載している。

「さようなら、友よ。本当に寂しくなるよ。神様が君を僕の人生に導いてくれてとても幸せに思っている。君とは素晴らしい思い出を作れた。とてもありがたく思っているよ」

「初めて出会ったときの、僕を見る君の眼差しを絶対に忘れない。その可愛らしい目には心からの愛が込められていた。君が僕にとってどんな存在か、それを表す言葉を探すのはとてもむずかしい。君が僕の名前を言うときの呼び方、小さなスーパースターかのようにカメラを向けられたときの君の微笑み、君といたときに感じた愛情。君の勇気や勇敢さは今後も僕を元気づけてくれるだろう」

「君が僕を人としてどれほど変えたか、君は決して知らない。神様が君を抱き、僕は心の中でいつも君と一緒にいる。安らかに眠ってくれ、親友よ」

SOCCER KING

最終更新:7/9(日) 7:46
SOCCER KING