ここから本文です

バジェホが3番をペペから継承「このユニフォームに全てを捧げる」

7/9(日) 14:00配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードは7日、U-21スペイン代表DFヘスス・バジェホの加入発表を行った。

 バジェホは1997年生まれの20歳。2015年夏にサラゴサからレアル・マドリードへ移籍し、2015-16シーズンはレンタル移籍という形でサラゴサに残留した。昨シーズンはフランクフルトへレンタル移籍で加入し、ブンデスリーガで25試合に出場。そして、今シーズンよりレアル・マドリードに復帰することが6日に発表されていた。

 本拠地、サンティアゴ・ベルナベウで行われた会見には、フロンティーノ・ペレス会長も同席。ペレス会長は同選手について「レアル・マドリードで成功を収めるために必要な全ての能力を持っている選手だ」と称賛。さらに「20歳ではあるが、ファーストチームでプレーするのに十分なクオリティを持っている。我々はヘスス・バジェホを歓迎するよ」と続け、その実力に太鼓判を押した。

 そして、バジェホもレアル・マドリード加入が決まっての心境を口にした。同選手は「全ての人に本当に感謝している。会長の言葉にも感謝しているし、再びトップチームの選手として信頼を示してくれたクラブにも感謝している」とコメント。周囲への感謝を表している。伝統あるクラブに加入したことについては、「レアル・マドリードの選手になるということは、誇りと責任感を伴わせるものだ。僕はこの責任感を受けることにワクワクしている。全ての人に感謝する。僕はこのエンブレム、ユニフォームに全てを捧げるよ」と言及し、意気込みを見せた。

 注目の背番号は「3」に決定。スペイン紙『マルカ』は、これまでの21年間でこの番号を背負った選手は3名しかいないと紹介。元スペイン代表DFのキケ・フローレス氏、元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏、そして昨シーズン限りでクラブを去ったポルトガル代表DFペペから背番号を引き継ぐ者として、バジェホについて伝えている。

 大きな期待と歓迎を受けたバジェホだが、果たしてそれに応える活躍を見せることができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:7/9(日) 14:00
SOCCER KING