ここから本文です

ハーフナーがポドルスキとの共存へ意欲、サポーターには「マイクと呼んでもらえれば」

7/9(日) 11:15配信

ゲキサカ

 ヴィッセル神戸に加入したFWハーフナー・マイク(30)が入団会見を行った。クラブ公式サイトが伝えている。

 2006年に下部組織から横浜FMのトップチームに昇格したハーフナーは、福岡、鳥栖への期限付き移籍を経て、10年に甲府に完全移籍。2011-12シーズン途中から戦いの場を海外に移すと、フィテッセ(オランダ)、コルドバ(スペイン)、HJKヘルシンキ(フィンランド)でプレーし、15年8月からADOデン・ハーグに所属していた。

 6年ぶりにJリーグに復帰したハーフナーは、「年齢が30歳ということで、いい節目なのかなと。いろいろ考えた時に、ちょうどヴィッセル神戸から声をかけていただき、熱意も伝わってきました。そういう理由で帰ってくることに決めました」と理由を明かした。

 ともに神戸に加入する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキについては、「まだ一緒に練習ができていないので、イメージはできていません。でも、これからの練習やプレシーズンマッチで、コミュニケーションを取って良くしていきたいと思います」と、前線でコンビを組むことへ意欲を見せた。

「サポーターにはマイクと呼んでもらえれば」とお願いしたハーフナー。最後に「得点が自分の生きる道だと思うので、得点でチームに貢献できればいいなと思っています」と神戸での活躍を誓った。

最終更新:7/9(日) 11:15
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報