ここから本文です

都内のVR体験施設、秋葉原と池袋にも

7/9(日) 12:02配信

日刊スポーツ

<社会班厳選:キャッチアップ!トレンド>

 東京都渋谷区の商業施設「渋谷MODI(モディ)」内にある旅行代理店「HIS(エイチ・アイ・エス)渋谷本店」に、「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」が開業し、人気を集めている。

 都内にはVRが楽しめる施設が多数ある。東京・渋谷の「VR PARK TOKYO」は昨年12月にオープン。野球盤のVRアトラクション、ホラー、シューティング、ドライブシミュレーターなどがある。料金は平日事前予約2900円、同当日入場3300円。土・日・祝日の事前3300円、同当日3500円。プレー時間は90分。【電話】03・3461・1311。http://www.adores.jp/vrpark/

 秋葉原の「クラブセガ秋葉原新館」内には、VRアトラクション施設が新設された。第1弾は、「MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION」。ガンコントローラーを使って物語を進める戦闘シューティングゲームだ。料金は1500円。【電話】03・5297・3601。https://tempo.sega.jp/am/akiba-new

 また、池袋「サンシャイン60展望台」の中には、超高層ビルから脱出する「SKYエスケープ」(500円)、バーチャルツアーをする「TOKYO弾丸フライト」(600円)、池袋の上空を疾走する「スウィングコースター」(400円)が楽しめる。こちらは展望台の入場料(大人1200円、学生900円、小・中学生600円、4歳以上の幼児300円)が別途必要。【電話】03・3989・3331。http://www.skycircus.jp/

最終更新:7/9(日) 12:04
日刊スポーツ