ここから本文です

【ポイント】マクラーレン・ホンダ、未だ最下位の現実/F1オーストリアGP終了後のポイントランキング

7/10(月) 5:57配信

TopNews

F1オーストリアGP決勝レース終了後のポイントランキングが発表された。

■ドライバー選手権
1 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)171
2 ルイス・ハミルトン(メルセデス)151
3 バルテリ・ボッタス(メルセデス)136

ランキングリーダーは、F1オーストリアGP決勝レースで2位に入賞したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。ランキング2位のルイス・ハミルトン(メルセデス)との差を14ポイント差から20ポイント差に拡げてリードしている。

ランキング3位は、F1オーストリアGPで自身2勝目を飾ったバルテリ・ボッタス(メルセデス)。ハミルトンとの差を15ポイント差に縮めた。

■コンストラクター選手権
1 メルセデス 287
2 フェラーリ 254
3 レッドブル 152

コンストラクター選手権をリードしているのはメルセデス。2位フェラーリとの差を24ポイント差から33ポイント差に拡げた。

最下位は未だ2ポイントしか獲得できていないマクラーレン・ホンダ。一つ上の9位ザウバーとは3ポイント差だ。予選まではトップ10争いができるようになってきたものの、決勝レースで結果に結びついていない。

最終更新:7/10(月) 5:57
TopNews