ここから本文です

【ホンダF1】ポイント獲得のチャンスが台無しに・・・ノーポイントで残念

7/10(月) 6:49配信

TopNews

マクラーレン・ホンダの長谷川祐介ホンダF1プロジェクト総責任者は、F1オーストリアGP決勝レースを次のように振り返った。

●【ハイライト映像】アロンソ、不運のリタイア トップ4は素晴らしい戦い/F1オーストリアGP決勝レース

■長谷川 祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)

「今日はチームにとって残念な一日となりました。今週末はいくつかのトラブルはあったものの、マシンの仕上がりはよかったですし、2台ともに予選のポジション自体は悪くなかったので、ポイント獲得に向けてチームにポジティブな空気が広がっていました。それだけに、ノーポイントで終わったことは残念に思っています。

フェルナンドについては素晴らしいスタートを決め、いくつかポジションを上げたものの、直後の1コーナーで不運なクラッシュに巻き込まれ、早々にレースを終えることになりました。

ストフェルについては、彼にとってのシーズン初ポイントを獲得できるペースは十分にあったと思いますが、レースを通して前を走るライバルをオーバーテイクすることに苦戦し、ポイント獲得には至りませんでした。

次のレースは来週末、マクラーレン・ホンダにとってのホームグランプリとなるイギリスで行われます。

あまり時間はありませんが、多くのイギリスのファンの皆さんや我々の同僚、家族などにいいレースを見せられるよう、チーム一丸で準備を進めていきたいと思います」。

最終更新:7/10(月) 6:49
TopNews