ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】アロンソはリタイア、バンドーンは抜くことができず12位完走

7/10(月) 7:30配信

TopNews

マクラーレン・ホンダはF1オーストリアGP決勝レースを次のように振り返った。

ストフェル・バンドーンは、午後に行われたオーストリアGPを12位で完走し、マクラーレン・ホンダとして唯一の完走を果たした。一方、フェルナンド・アロンソは、1コーナーで後方から追突され、1周目でリタイヤを余儀なくされた。

●【ハイライト映像】アロンソ、不運のリタイア トップ4は素晴らしい戦い/F1オーストリアGP決勝レース

バンドーンは、週末を通してマシンのペースとドライバビリティには満足していたものの、レースの大半を前を走るマシンからの乱気流の中で走行。前方のマシンを追い抜くことができず、マシンのパフォーマンスを十分に活かすことができなかった。レース終盤には、ブルーフラッグを無視したとしてドライブスルーペナルティーを受けたが、バンドーンの順位への影響はなかった。

フロアが破損したアロンソのマシンは、損傷がひどく、レースを続行することができなかった。

最終更新:7/10(月) 7:30
TopNews