ここから本文です

パウリーニョ、バルサ移籍に尽力「金は最優先ではない」…クラブに柔軟性求める

7/10(月) 11:03配信

GOAL

広州恒大に所属するブラジル代表MFパウリーニョは、バルセロナ移籍のためにクラブには“柔軟性”を求めるとした。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

パウリーニョは先日、バルセロナから2000万ユーロ(約25億9000万円)のオファーがあったことを認めた。しかし、広州恒大は4000万ユーロ(約51億9000万円)が契約解除金に設定されているとして、オファーを拒否。これにより、バルセロナはパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティ獲得に全力を注ぐとみられるが、パウリーニョはクラブの心変わりを望んでいる。

「僕は北京に行っていたし、会長とはまだ話していないけど、バルサが来るなら移籍を望む。広州には柔軟かつ契約を承認して欲しいね」

また、お金は重要な問題ではないと説明。重要なのはどこで幸せになれるかであり、パウリーニョにとってはそれがチャンピオンズリーグでの舞台であると話した。

「中国は経済的な巨人だ。でも僕にとってお金は最優先ではない。バルサが広州より少ない額でオファーしてきたとしても問題ではない。欧州で素晴らしい選手とともにプレーできるというのは価値あることだからだ」

「チャンピオンズリーグを獲得することは僕の夢だ。それを達成したい」

GOAL

最終更新:7/10(月) 11:03
GOAL