ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「バカげたアクシデントはF1では許されない」

7/10(月) 11:46配信

TopNews

マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、F1オーストリアGP決勝レースを次のように振り返った。

●【ハイライト映像】アロンソ、不運のリタイア トップ4は素晴らしい戦い/F1オーストリアGP決勝レース

■エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「モーターレースに浮き沈みはつきものだ。まずはポジティブな点に目を向けよう。ストフェルは週末を通して非常に堅実なペースを見せ、彼とチームのメンバーは各セッションで明らかに進化したように見える。

ストフェルはレースでは常に乱気流の中で走行していたので、マシンの真の実力を発揮できなかったものの、着実にレースを展開した。ストフェルが受けたドライブスルーペナルティーについては、冷静に受け止めるつもりだ。当時、ストフェルはジョリオン・パーマー(ルノー)を追い抜こうとプッシュしていたが、単に不運な結果となっただけだ。

ネガティブな点としては、フェルナンドのレースは本人のミスではないものの、忘れなければならない一戦となった。レースは戦いだということは分かっているものの、このようなばかげたアクシデントはF1というレベルの高いレースでは許されるものではない。たった1周走行しただけでマシンに重大な損傷を負い、レースをリタイヤすることは、我々にとっては受け入れがたい事実だ。

最後に、またポジティブな点に目を向けよう。これから母国の観衆の前で行われるイギリスGPのためにシルバーストーンに移動するが、英国で素晴らしい1週間を迎えるための準備はできている。母国の観客の皆さんをがっかりさせないために、我々はいつも通りベストを尽くすよ」。

最終更新:7/10(月) 11:46
TopNews