ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】フェルナンド・アロンソ「あそこまでリスクを負って飛び込む必要はない」

7/10(月) 17:01配信

TopNews

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1オーストリアGP決勝レースを次のように振り返った。

●【ハイライト映像】アロンソ、不運のリタイア トップ4は素晴らしい戦い/F1オーストリアGP決勝レース

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-03

スタート:12番手
レース結果:DNF(※1周目のアクシデントによるダメージを受け、リタイヤ)
ファステストラップ:-
ピットストップ:-

「今日も好スタートを切った。カルロス・サインツ(トロロッソ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のスタートが悪かったため、1コーナー進入時にはすでに10番手に浮上していた。ただ、後続のドライバーがあまりにも速いスピードで1コーナーに進入し、十分にブレーキを踏まなかったために、僕のレースが台無しになった。

いいレースをすることを望んでいたけど、僕たちはとても不運だった。自分でコントロールできないままにレースを終えることになったんだ。

中団からのスタートは常に難しいものであることは分かっているけれど、1コーナーであそこまで果敢に飛び込んでくる必要はないんだ。時折り、後ろから追いかけるドライバーはリスクを背負いすぎるときがあると思う」。

最終更新:7/10(月) 17:01
TopNews