ここから本文です

NVMe対応のM.2変換カードに新モデル、mSATA含めて合計3スロットも搭載

7/10(月) 0:15配信

Impress Watch

 NVMeとSATAのM.2 SSDに加え、mSATA SSDも搭載できる変換カード「AOK-M2TPCIEX4WOF」がAOTECHから発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は税込2,700円。販売ショップはテクノハウス東映。

 なお、製品パッケージには「AOK-USB-A1C1WC」という異なる型番が記載されているが、同店には「AOK-M2TPCIEX4WOFという型番で入荷してきた」とのこと。

■M.2タイプのNVMe SSDをPCIe x4スロットに変換、2種類のSATA-SSDはケーブル経由で接続

 AOK-M2TPCIEX4WOFは、基板上にPCIe接続(Key M)とSATA接続(Key B)のM.2 SSDスロットを各1基、mSATA SSD用スロットを1基搭載した変換カード。SATA SSDは基板後方にあるSATAコネクタ経由(ケーブルは別売り)で、NVMe SSDはPCI Express 3.0 x4経由でマザーボードと接続される。物理的には最大3枚のSSDを搭載できるが、「3つのスロットを同時に使えるかどうかは不明」(販売ショップのテクノハウス東映)だという。

 カードサイズは140×57×18mmで、M.2 SSDの対応サイズはType 2242/2260/2280。LowProfileスロットにも対応しており、交換用のブラケットが付属する。

 なお、ブラケットには冷却用のスリットが設けられているが、SSD用の冷却ファンは搭載されていない。

[撮影協力:テクノハウス東映]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:7/10(月) 0:15
Impress Watch