ここから本文です

「あのコの、トリコ。」実写映画化!吉沢亮、新木優子、杉野遥亮が三角関係に

7/10(月) 5:00配信

コミックナタリー

白石ユキ「あのコの、トリコ。」の実写映画化が決定。主人公の鈴木頼役を吉沢亮、立花雫役を新木優子、東條昴役を杉野遥亮が演じ、2018年に公開されることが明らかになった。

【写真】「あのコの、トリコ。」カット(他2枚)

「あのコの、トリコ。」は芸能界を舞台に、役者になることを小さい頃に誓い合った幼馴染男女の三角関係を描くラブストーリー。田舎へ引っ越してから女子に見向きもされない地味なメガネ男子になっていた頼が、それぞれ人気モデルと俳優として活躍する雫、昴のもとへ舞い戻ったことから物語は動き始める。なお同作はSho-Comi(小学館)にて連載され、単行本は4巻まで発売中だ。

映画の監督は、「最高の離婚」「ファーストクラス」など数々のテレビドラマの演出を担当してきた宮脇亮。脚本はドラマ「ラスト・フレンズ」や、映画「NANA」「大奥」「今日、恋をはじめます」の浅野妙子が手がける。

また映画化を受け、白石は「実写となることでキャラクターたちがもっとキラキラしていくことと思います!」と期待のコメント。吉沢は「鈍臭い男の子が主人公で、彼の成長物語が少女マンガであるということが、面白いと思います。なので、僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです」と率直な思いを語った。

白石ユキコメント
実写映画化のお話をいただき、本当に驚きました。吉沢亮さんは幅広い役柄を演じてらっしゃるので、頼をどんな風に演じて下さるのかとても楽しみです。新木優子さんはキリッとしたイメージで、意志の強い雫役にぴったりだと思いました。杉野遥亮さんは優しそうな役柄が多い印象なので、昴役は良い意味で想像を裏切られそうです。実写となることでキャラクターたちがもっとキラキラしていくことと思います! 宮脇監督の手腕で間違いなく良い作品になると思いますし、一人の観客として映画の完成が待ち遠しいです。

吉沢亮コメント
原作を読んだ時、男目線で話が進んでいくということが、すごく珍しいと思いました。鈍臭い男の子が主人公で、彼の成長物語が少女マンガであるということが、面白いと思います。なので、僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです。杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております。

新木優子コメント
女子が見てキュンキュンするポイントが全部詰まっているマンガで、楽しんで読ませていただきました。また、メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごい今っぽいと思います。この作品をみて、芸能界にちょっとでも興味のある人の背中を押すことができるような、そんな作品になると思います。いろんな方が期待して下さっている雫も演じつつ、自分の思っている雫もしっかりと出して、悔いなく撮影を乗り切りたいです。

杉野遥亮コメント
原作は展開が早くて最初はビックリしました。でも、これが今っぽいのかなとも思いました。芸能界という夢のようなキラキラした世界を描いているのは興味深いですが、その映像化は難しいだろうなと感じています。東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていて掴みどころがない。僕も一生懸命考えて役を作っていきたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

宮脇亮監督コメント
「あのコの、トリコ。」このシンプルなタイトルに惹かれました。高校生の恋と夢。この二つが絡み合いながら展開していくのがこの作品の魅力だと思います。恋をすると誰もがキラキラと輝く。そして夢を追いかける姿もまた輝いて見える。そんな登場人物達の心が動く瞬間を大事に切り取っていきたいと考えています。恋をすることで魅力的に変わっていく若者達の姿に、ドキドキしながら見て頂けたら嬉しいです。

実写映画「あのコの、トリコ。」
2018年全国公開

原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館刊)
監督:宮脇亮 
脚本:浅野妙子
配給:ショウゲート 
出演:吉沢亮、新木優子、杉野遥亮

(c)2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会