ここから本文です

NTT Com、Enterprise CloudでRancherによるプライベートコンテナサービス提供へ

7/10(月) 7:40配信

@IT

 NTTコミュニケーションズは2017年7月6日、Rancher Labsのコンテナ管理ソフトウェア「Rancher」を使ったプライベートコンテナサービスを、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」のメニューとして、2017年10月に提供開始する予定であることを発表した。

 Rancherは、短く表現すれば、コンテナ関連のさまざまなコンポーネントを統合して使いやすくしてくれる管理ツール。コンテナエンジン、コンテナレジストリ、コンテナオーケストレーション/スケジューリング、ユーザー認証、コンテナネットワーキング、コンテナストレージなどをまとめ、ユーザーのためのグラフィカルなインターフェースを提供。ユーザーはコンテナおよびクラスタの作成・削除、スケールイン/アウト、稼働監視などができる。使いやすさで人気がある。

 NTT Comは、このソフトウェアを採用し、大規模企業のためのプライベートコンテナサービスを提供するという。顧客単位で専用の環境を構築・運用し、閉域網で接続できるため、セキュリティを気にするユーザー組織に適しているという。

 一方、NTTPCコミュニケーションズは、同社のクラウドサービス「WebARENA」のメニューとして、中堅・中小企業向けパブリックコンテナサービスを2017年中に提供する予定という。

最終更新:7/10(月) 7:40
@IT