ここから本文です

全国高校野球静岡大会1回戦 磐田球場(9日)

7/10(月) 8:09配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ■オイスカがコールド勝ち

 ▽1回戦(磐田第1試合)

 横須賀

 1000000―1

 0013103x―8(7回コールド)

 オイスカ

 ▽三塁打 奥井(オ)

 ▽二塁打 伊藤(横)蘇(オ)

 ▽暴投 横山2、鈴木晨(横)

 ▽試合時間 1時間40分



 【評】オイスカが着実に得点を重ねて横須賀にコールド勝ちした。

 オイスカは1点を追う三回、蘇の適時打で同点。四回には渡辺のスクイズや奥井の三塁打などで3点を奪った。五回と七回にも計4点を追加した。

 横須賀は投手陣が8四死球、3暴投と制球に苦しんだ。



 ■小笠、競り合い制す

 ▽1回戦(磐田第2試合)

 小笠   

 100200002―5

 003000000―3

 浜松城北工

 ▽本塁打 山本(小)

 ▽二塁打 鈴木、佐々木(小)福田、伊野瀬(浜)

 ▽暴投 安田(浜)

 ▽捕逸 松永彪(小)

 ▽試合時間 2時間10分



 【評】小笠が浜松城北工との接戦を制した。

 小笠は初回、敵失で先制。三回に3点を奪われたが、四回に中村の適時打で追い付き、九回に4番山本の本塁打で勝負を決めた。主戦佐々木は15奪三振の好投を見せた。

 浜松城北工は終盤打線が沈黙し、好機をつくれなかった。



 ■佐々木 15奪三振

 最後の打者を打ち取ると、ガッツポーズを見せ、仲間と喜びを分かち合った。プロ注目の主戦佐々木は序盤に失点したが、その後は持ち直し、15奪三振の好投で勝利を手繰り寄せた。

 初戦の緊張もあってか、三回には先頭打者に二塁打を打たれるなどして3失点。だが焦りはなく、「気持ちが落ち着いてきた」という中盤以降は持ち味の直球に変化球を織り交ぜながらテンポ良く三振を奪っていった。

 エースの力投に応えたのが主砲山本。「4番らしいバッティングを」と気合を入れて打席に立った九回、内角カーブを左翼席に放り込んだ。九回まで無安打だっただけに、「最高の気分」と笑顔を見せた。

 赤堀監督は「1勝して気持ちが楽になったと思う。反省点を改善して次につなげたい」と次戦を見据えた。

静岡新聞社