ここから本文です

調布市民プールが今季営業開始 スイーツなどのケータリングカー出店も /東京

7/10(月) 9:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 調布市営の屋外プール「調布市民プール」(調布市染地2、TEL 042-485-2689)が7月10日、今年の営業を開始した。(調布経済新聞)

 昨年は3万2000人以上が訪れた同プール。手軽に利用できるプールとして、健康志向のシニア世代から子連れのファミリー層、夏休みに入ると市内の小中学生など、利用者も幅広く、毎年大勢の市民でにぎわう。丸い形の「変形プール」や12平方メートルの「幼児用プール」、6コースの「25メートルプール」と8コースの「50メートルプール」を設置。目的に合わせ、水遊びや水泳を楽しむことができる。

 昨年は市内福祉作業所製品PRの一環として、プール受付前にケータリングカーが出店し、ドリンクやスイーツなどを販売。利用客に好評だったため、今年も「社会福祉法人調布を耕す会 しごと場大好き」のジェラートやアイスコーヒー、「社会福祉法人新の会 はあとふるえりあ」の「妖怪焼き」などの販売を予定している。

 開場時間は9時~18時30分。料金は、市内在住、在勤、在学の場合、大人=150円、中学生=70円、小学生=50円。市外の場合は、大人=300円、中学生=140円、小学生=100円(以上、入場後2時間までの料金。超えた場合は1時間ごとに超過料金)。開設は9月10日まで。

 9月3日は、市民体育祭水泳競技開催のため利用不可。天候やその他の事業などにより、営業中止や休場となる場合がある。禁止事項やケータリングカーの出店日などは、同市のホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク