ここから本文です

【高校野球埼玉大会】昨年準Vの聖望逃げ切る 「羽生対決」は一高

7/10(月) 7:55配信

産経新聞

 第99回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)は2日目の9日、県営大宮公園球場(さいたま市大宮区)など10球場で1回戦27試合が行われた。

 接戦となった栄北-城西大川越は6-6で迎えた最終回、無死一塁から栄北の6番・高木が大会史上42号目となるサヨナラ本塁打を放ち、劇的なスタートを切った。昨夏の準優勝校でノーシードの聖望学園は飯能南を3-1で下し、2回戦に進出した。

 羽生一は「羽生ダービー」となった羽生実戦で、24-0の五回コールド勝ちを収めた。このほか、進修館、武蔵越生、桶川、早大本庄、所沢商、志木、久喜工、春日部東、昌平、立教新座もコールド勝ち。

 10日の2回戦にはAシードの浦和学院、Bシードの春日部共栄が登場。7球場で18試合が行われる。(川上響)

最終更新:7/10(月) 7:55
産経新聞