ここから本文です

ヤンキース田中 6安打5失点で8敗目「自分の狙ったところに投げれてない」

7/10(月) 11:42配信

東スポWeb

【ニューヨーク9日(日本時間10日)発】ヤンキースの田中将大投手(28)はブルワーズ戦に先発し、4回1/3を2本塁打を含む6安打5失点で8敗目(7勝)を喫し、前半戦最終戦を飾ることができなかった。3試合、鳴りを潜めていた一発病が初回にいきなり出た。一死一、三塁で4番ショーにフルカウントから8球目の内角低めスライダーを右中間へ先制3ラン。2回も先頭ボートに1―1から148キロの低めツーシームを右中間へ運ばれた。

 3回は二死から四球と死球で走者を出したが無失点。4回は三者凡退。ところが味方が3点を奪い1点差となった5回、一死後に中前打と左前打で一、二塁とされると降板を告げられた。救援投手が適時打を許し、田中に5失点目が付いた。

「ボール自体が走ってなかったし、制球もバラつきがあった。両方でうまくいかなかったところが自分にとっては大きかった。ただ低ければいいというものではなくて、自分の狙ったところに投げれてない」と反省。

「良くなかった期間が長かったので、自分自身すごく苦しい前半戦だった。後半戦はタフな遠征から始まりますけど、そこからまたビシッといけるようにいいオールスター・ブレークにしたいですね」。チームがプレーオフ出場を果たすためには後半戦はぶざまな投球はできない。

最終更新:7/10(月) 11:46
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 16:20