ここから本文です

ヤドカリの「やど」をのぞき見 京大白浜水族館

7/10(月) 3:00配信

朝日新聞デジタル

 3Dプリンターで制作した透明な殻を背負ったヤドカリを水槽内に展示する、ユニークな特別展「ヤドカリと貝殻:生態と芸術」が和歌山県白浜町の京都大学白浜水族館で8日始まった。

【写真】東京の街を背負うホンドオニヤドカリ=白浜町の京都大学白浜水族館

 展示は現代美術家AKI INOMATAさん(33)の「やどかりに『やど』をわたしてみる」という作品。水槽には5種類のヤドカリがいて、透明な殻越しに中の姿を観察できる。殻の外側にはそれぞれ東京や北京など世界の都市の街並みが立体的に描かれ、殻を替える生態を通して人が望んだり望まなかったりして移す「国境」を考える仕掛けとなっている。

 開幕前に水族館に立ち寄ったINOMATAさんは「殻の大きさとか色とか、ヤドカリの外側の特徴に目が行きがち。殻が違えば別の個体に見えもする。でも実は中身こそ生きている本人というのが興味深い」と話した。作品の殻は生体に無害の樹脂を使い、ヤドカリのそばに置いて気に入れば入ってもらうようにしているという。

 会場には、ヤドカリが別のヤドカリの殻を奪う「貝殻闘争」の映像上映や、殻に使う貝の実物展示もあって、ヤドカリの研究家で日本甲殻類学会長を務める朝倉彰館長(59)の監修のもとで生態を詳しく紹介している。朝倉さんもINOMATAさんも「学術とアートのコラボを見てもらえれば」と話している。

 10月30日まで(無休)、水族館入館料(高校生以上600円、小中学生200円)で鑑賞できる。(東孝司)

朝日新聞社