ここから本文です

(MONDAY解説)東京・銀座の路線価、最高額を更新 「官製バブル」危機の予兆 原真人

7/10(月) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■NEWS
 2017年分の路線価は、全国平均が前年を0・4%上回り、2年続けて上昇した。とくに全国最高価格となった東京・銀座は1平方メートルあたり4032万円で、バブル期ピークの3650万円(1992年)を超え、最高額を更新した。全国の主要都市でも地価は上昇傾向だ。「新バブル」は日本経済にとって朗報か、それとも崩壊の奈落に沈む予兆なのか。

 ■「観光」「東京五輪」「異次元緩和」 空前のカネ余り、投資へ
 仕事がら歩く機会の多い東京・大手町のオフィス街で最近よく迷うようになった。次々とビルが建て替えられ、景観ががらりと変わってしまったからだ。……本文:4,295文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社