ここから本文です

サンウルブズ、2Tも2勝目遠く…15日秩父宮が“ラストチャンス”/SR

7/10(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 スーパーラグビー(SR)第16節最終日(8日、南アフリカ・ケープタウンほか)南アフリカ遠征中のサンウルブズはストーマーズ(南アフリカ)から2トライを奪ったが、8トライを許して15-52で敗れ、1勝13敗となった。今季最後の遠征を終え、15日の最終戦は秩父宮でブルース(ニュージーランド)と対戦。昨季を上回る2勝目への最後のチャンスにかける。

 前週はライオンズに7-94と惨敗したサンウルブズ。前半19分にWTB後藤、後半8分にHO日野がトライを決め、その時点で15-26とストーマーズに食い下がった。しかし、そこから4トライを許した。

 「根本的なフィジカルの差を感じた。その部分を見直さないと」

 フル出場したWTB松島は大きな課題に言及。日野は「ハーフタイムに“いい試合をしに南アフリカに来たのではなく、勝つために来た”とみんなで話していたのに」と悔しがった。15日のブルース(7勝1分け6敗)戦が今季最終。2勝目のラストチャンスだ。