ここから本文です

〔東京株式〕一段高=円安や株先物高を好感(10日後場寄り付き)

7/10(月) 13:00配信

時事通信

 【第1部】円安や株式先物高などを好感し、輸出関連株などが買われ、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)とも一段高で推移している。
 任天堂が大きく続伸し、トヨタ、SUBARU、日産自は上伸。キヤノン、ソニー、東エレクが値を上げ、郵船、商船三井は強含み。ファーストリテ、ファナックの値がさ株がはやされ、SUMCO、村田製、ロームはしっかり。ソフトバンクGは切り返している。半面、三菱UFJ、三井住友が値を下げ、KDDI、NTT、NTTドコモは軟調。東芝が売られ、三井物産は小甘い。

最終更新:7/10(月) 15:28
時事通信