ここから本文です

剛力彩芽“地上波NG番組”出演に意欲?

7/10(月) 16:14配信

映画.com

 [映画.com ニュース]Amazonプライム・ビデオの新番組製作発表会が7月10日、都内で開催され、ドラマ「フェイス サイバー犯罪特捜班」主演の剛力彩芽、共演の三浦貴大、バラエティ番組「千原〇ニアの〇〇-1GP」を担当する千原ジュニア、第1回ゲストの「野性爆弾」くっきーが出席した。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 7月14日スタートの「千原〇ニアの〇〇-1GP」は、千原自ら考案した企画をもとに、さまざまな“ナンバー1”を決める番組。ふとした言動で人を傷つけてしまった人に制裁を下す「フルスイング-1 グランプリ」など、毎回奇抜な企画に挑戦するため、千原は「ただただ、純度100%面白いことをやろうと。地上波では難しいこともあったりするので」と説明。さらに、「地上波には出れない人が出ています(笑)。『極楽とんぼ』の山本さん、今回、ほぼ初絡みですから。僕が東京のテレビに出させてもらえるようになった頃に、いなくなったので」「地上波ではできないことをこっちで」と冗談交じりに話し、笑いを誘った。

 これに対し、「お笑い好き」だという剛力は「気にはなりますよね。見るのは大好きなんですけど……出ても大丈夫かな?」と出演に意欲をのぞかせる。すかさず、くっきーが「『フルスイング-1 グランプリ』出てもらったら? 後頭部どつかれたらいいんじゃないですか」と提案すると、「やれるならやってみたい」とニッコリ。記者から「殴る方と殴られる方、どちらを?」という質問があがると、「どちらもやれるならやってみたいですよね」と応じ、千原も「4回目の企画に(剛力を)オファーします」と乗り気になっていた。

 7月11日から配信開始となる「フェイス サイバー犯罪特捜班」は、特殊能力者によって構成された集団「サイバー犯罪特捜班」が、凶悪サイバー犯罪に挑む物語。「撮影時のハプニング」を問われた三浦は、「僕の役は、物語の鍵を握っていそうな、意味深な出方をする。話の最後にちらっと出てきて、その回はもう出てこないとか。だから、撮影は移動に3時間かけて5分で終わるという。そういうスタイルなので、ハプニングというか……楽な仕事」と苦笑いを浮かべる。これに対し、剛力は「大変ですよ。すごく大変ですよ!」と慌ててフォロー。くっきーも「世の中に楽な仕事なんてないんですよ。頑張りなさい!」と喝を入れていた。

最終更新:7/10(月) 16:14
映画.com