ここから本文です

全国高校野球静岡大会1回戦 島田球場(9日)

7/10(月) 8:10配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ■清流館7回猛攻

 ▽1回戦(島田第1試合)

 島田工

 150000000―6

 30000150×―9

 清流館

 ▽本塁打 重森(清)

 ▽三塁打 菊川大、重森、八木(清)

 ▽二塁打 鷺坂、大石(島)秋山2(清)

 ▽守備妨害 松浦竜(清)

 ▽試合時間 2時間20分



 【評】清流館が七回の猛攻で島田工に逆転勝ちした。

 清流館は2点を追う七回、重森の2点本塁打、八木の適時三塁打など長打攻勢で5点を奪い、一気に試合をひっくり返した。増田、小山、佐藤の好継投で逃げ切った。

 島田工は三回以降、散発2安打と沈黙。九回無死満塁の好機も生かせなかった。



 ■島田工に 秋の雪辱

 「終盤の粘り」を持ち味にしてきた清流館が真骨頂を発揮した。「俺たちにとって絶好のゲーム展開だ」と吉村監督がハッパを掛けて送り出した七回、2点のビハインドをはね返してみせた。

 八木の2点三塁打で追い付き、秋山の適時二塁打で勝ち越し。続く重森が逆方向のレフトスタンドに2点本塁打をたたき込み、一気に突き放しに成功した。「劣勢でもあきらめない」ことを意識してきたチームの、鮮やかな長打攻勢だった。

 相手の島田工とは昨秋の地区大会敗者復活戦でも対戦。延長13回のサヨナラ負けで苦杯をなめさせられていた。雪辱を果たした重森は「この夏のためにやってきた。次も思い切って戦いたい」と声を弾ませた。



 ■榛原、星陵 振り切る

 ▽1回戦(島田第2試合)

 榛原

 040001000―5

 000000022―4

 星陵

 ▽本塁打 鈴木啓(榛)飯山(星)

 ▽三塁打 成岡、藤原(榛)

 ▽二塁打 朝比奈、長谷川(榛)

 ▽守備妨害 川島(星)

 ▽試合時間 2時間



 【評】榛原が序盤のリードを生かし、追いすがる星陵を苦しみながらも振り切った。

 榛原は二回、3敵失に成岡と藤原の連続三塁打などを絡めて4点を奪い、主導権を握った。六回に鈴木啓の本塁打で加点した。

 星陵は八回、鈴木の適時打などで2点をかえした。九回には飯山が2点本塁打を放つ粘りを見せたが、届かなかった。

静岡新聞社