ここから本文です

【パリ航空ショー2017】電気で駆動するカーボンディスクブレーキなどを展示したKYB

7/10(月) 7:00配信

Impress Watch

 フランス・パリ郊外のル・ブルジェ空港で6月19日~25日(現地時間)に開催されたパリ航空ショー。ホール6のSJAC(日本航空宇宙工業会)エリアには、自動車のサスペンション部品製造で知られるKYBもブースを出展。航空機の電動化ソリューションを展示していた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 KYBブースでは、エレクトリックハイドロリックアクチュエータ、ダイレクトリニアEMA(エレクトロメカニカルアクチュエータ)は、エレクトリックメカニカルブレーキなどを展示。一般的に航空機では各種機械部分の制御に油圧系統を多重化して用いており、信頼性を確保するとともに力の制御を行ないやすくしている。この油圧制御の部分を電気制御にすることで、制御の自由度を高めるとともに、油圧系統を電気配線に置き換えることで軽量化を図れるという。

 ただ、機内に張り巡らされた油圧制御ラインには、これまで航空機業界で蓄積したノウハウや信頼性などがあり、普及はこれからとのこと。KYBも参考出品という形で展示を行なっており、将来の需要を見据えたものになっていた。

トラベル Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:7/10(月) 7:00
Impress Watch