ここから本文です

寄り付きの日経平均は反発、円安進行で輸出株に買い

7/10(月) 9:20配信

ロイター

[東京 10日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比141円35銭高の2万0070円44銭となり反発して始まった。取引時間中の2万円回復は2営業日ぶり。7日発表の6月米雇用統計が総じて堅調な内容だったことで米国株が上昇、為替は1ドル114円付近まで円安に振れたことが好感された。

電機、自動車株など輸出株が高い。半面、銀行、情報・通信などはさえない値動きとなっている。

(※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:7/14(金) 1:14
ロイター