ここから本文です

熊本大会、九州豪雨のためスタンド開会式…2試合が順延

7/10(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 熊本大会の開会式が9日、雷雨のため熊本市の藤崎台県営野球場のバックネット裏のスタンドで行われた。予定されていた1回戦2試合は順延となり、10日に山鹿市民球場で行われる。

 異例の開会式となった。九州豪雨の影響で雨を避けるために、バックネット裏の100席ほどのスペースに各校の主将だけが参加し、激しい雷雨の中で進行した。

 熊本県高野連・工木雄太郎理事長は「スタンドでの開会式は初めて。屋内で少人数でやることも考えたが、『(熊本地震)復興元年』ということで保護者も見ることができるスタンド開催を決定しました」と語った。

 選手宣誓をした八代東・桑田健大主将(3年)は「緊張しました。行進したかったですけど、仕方ないです。宣誓は(自己採点で)100点です」と胸を張った。

 10日から県高野連の呼びかけで九州豪雨被災地への募金活動を、各球場で行うこともわかった。昨春の九州地区大会(長崎)は「熊本地震復興大会」と銘打ち開催され、多くの募金が集まった。今度は熊本から九州の他県へ恩返しする。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 9:10