ここから本文です

熊谷でキッズフリマ 「物とお金の大切さ」を学ぶ体験学習を狙い /埼玉

7/10(月) 11:46配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 熊谷ニットーモール(熊谷市銀座2)1階のイベント広場で7月15日、売るのも買うのも子どもだけのフリーマーケット「MOTTAINAIキッズフリーマーケット」が開催される。主催はNPO法人「キッズフリマ」。(熊谷経済新聞)

 当日は、子どもたちが使わなくなったおもちゃや文房具などを会場に持ち込み、値段付けから販売、お金の管理までを子どもたちだけで行う。熊谷初開催となる今回は24ブースが出展を予定。

 販売エリアに入場できるのは小学生以下の子ども。売る側も買う側も子どものみで行い、体験学習の場として「物とお金の大切さ」を学んだり、自分が使わなくなった物を他の子に渡すことで新たな価値観を見いだしたりする。体験により「リサイクルの本質を感じてもらうことができる」ほか、売上表の作り方もスタッフが指導していく。出店料の中から7円(苗木1本分の値段)が植林活動「グリーンベルト運動」に寄付されるという。

 同NPO担当者は「キッズフリマは子どもの金銭教育・リサイクル教育・見る力・聞く力・話す力の向上を図るイベント。地域の子どもたちの教育や交流の場にもなる」と参加を促す。

 開催時間は13時~14時30分。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク