ここから本文です

日本ハムのイケメンコンビが連敗止めた!上沢7回0封&西川∨打

7/10(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、日本ハム2-0ソフトバンク、15回戦、ソフトバンク10勝5敗、9日、札幌D)日本ハムは9日、ソフトバンク15回戦(札幌ドーム)で2-0の勝利を飾り、連敗を5で止めた。7年目の西川遥輝外野手(25)が五回に先制打を放つと、6年目の上沢直之投手(23)が7回無失点の好投。チームを代表する投打のイケメンコンビが女性ファンを魅了した。

 「一死一塁(からの)バントの後でしたからね。プレッシャーがハンパなかった。唇が青くなりました」。五回二死二塁から左前適時打を放った西川が満面の笑み。お立ち台から“ハルキスト”と呼ばれる女性ファンをうっとりさせた。

 本拠地では6日からの4連戦で「第3回・彼氏にしたい選手権」が開催されていた。球場通路に設置された西川の等身大ボードは、投票の印であるハートマークのシールで埋め尽くされた。試合後に発表された開票結果では3年連続1位の中島に続き、2位に入った。

 この日は自身のプレーヤーズデーでもあった。観客に配布されたお面に「気持ち悪かったですね。でも何とか活躍したいなと思っていました」とニヤリ。25歳の独身貴族は巧みなバットコントロールで女子のハートをわしづかみにした。