ここから本文です

梅沢富美男 松居騒動バッサリ、暴言連発もTV界で人気のワケ

7/10(月) 16:46配信

東スポWeb

 俳優の梅沢富美男(66)が9日、都内で著書「正論 人には守るべき真っ当なルールがある」(ぴあ)の発売記念イベントを行った。

 梅沢といえば、歯に衣着せぬコメントで大人気。今やテレビで見ない日はないほどだが、この日も“梅沢節”は冴え渡った。まずは、松居一代(60)にバイアグラ不倫を告発された夫・船越英一郎について「はっきりヤッたって言えばいいのに。ヤッたんでしょ? えっ、事務所は否定している? そりゃ事務所はそう言うしかないんじゃない。いい年こいてやってないわけないよ。大なり小なりヤッてるでしょ」と大暴走。さらに「一代ちゃんはたしかに過激な方。ここまでくるとドロ沼だね。引っ込みつかないから、徹底的にいくかも」と指摘した。一方、自身については「僕はバイアグラは飲んでいないよ! 飲んだのは(精力増強に効果があるとされる)マカだけ」と告白し、報道陣は大爆笑だ。

 テレビ関係者がこう話す。

「最近の芸能界は『あれ、ダメ』『これ、ダメ』と制約が多いじゃないですか。でも、梅沢さんは違う。例えば、大きい事務所のタレントでも不祥事があれば関係なくバッサリ斬ります。それが人気の秘密なんでしょう。業界関係者も『大ベテランの梅沢さんに言われたらしょうがないよね』という風になっています」

 今回の著書にもこんなエピソードがある。ある女性プロデューサーからドラマのオファーがあったときに「台本を読んで考えます」と返答したところ「アンタ生意気よ、干されるわよ」と脅してきたという。いかにも業界らしいやり口だが、梅沢はブチギレ。「干せるものなら干してみろ、このババア!」と、たんかを切ったというのだ。ここまで言える芸能人はまずいない。前出の関係者は「テレビの中で言いたい放題言えるキャラは、本当に貴重ですよ」と語った。

最終更新:7/10(月) 16:46
東スポWeb