ここから本文です

増田(科学技術高出)、恩師の大会記録更新 陸上静岡県選手権

7/10(月) 9:30配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 男子110メートル障害準決勝。増田(城西大、科学技術高出)が抜群の飛び出しから一気に加速した。大会記録を0秒08更新する14秒14。「1台目のハードルで先頭に立って逃げ切る理想の展開。高校時代に教えてもらった判野徹先生(清水桜が丘高教)の大会記録を抜けた」と喜んだ。

 遅咲きのハードラー。就職を考えて入学した高校は専門の指導者が不在で2年夏まで16秒台。判野教諭に指導を仰ぎ高3夏に全国総体に出場したが、準決勝で敗退した。本格的に記録が伸び始めたのは大学入学後だ。

 決勝は4台目で足を掛けバランスを崩したが14秒26で優勝。「序盤はすごくよかった。ミスがなければ13秒台を出せた」と確かな手応えを感じた。

静岡新聞社