ここから本文です

中国THAAD報復にやきもきする現代・起亜自動車、100人規模の特別チームを構成

7/10(月) 14:18配信

WoW!Korea

THAAD(高高度防衛ミサイル)報復で中国現地の販売量が半減した現代自動車と起亜自動車がタスクフォース(TF、特別チーム)を構成し、対策作りに腐心している。

 10日、現代自動車グループによると現代・起亜自動車は先月、社長級の役員の陣頭指揮のもと、100人規模のTFチームを構成したと伝えた。

 研究所、マーケティング、商品などの分野で細分化されたTFチームは現代・起亜自動車の対中国戦略を分析し、対応策を設けてチョン・ウィソン副会長などの最高位層に報告される。

 現代自動車はことし上半期中国市場で42万8000台を販売した。昨年上半期80万8300台より47%も減少した数値だ。

 特にTHAAD報復が4月以降から本格化された点を勘案すれば、下半期の販売見通しも暗い。ことし1月11万台以上を記録していた現代・起亜自動車の中国販売量は6月には5万1000台の水準まで急減した。

 現地ではライバル企業らがTHAAD問題を全面に出して、現代・起亜自動車の不買運動まで助長していることがわかった。THAAD問題が消えて、中国内の販売量が回復されるまで、短くても6か月から1年以上かかるという見通しも出ている。

最終更新:7/10(月) 14:18
WoW!Korea