ここから本文です

【巨人】山口俊、5回6失点 背信投球を反省「いい攻撃でリズムを作ってもらえたのに」

7/10(月) 6:04配信

スポーツ報知

◆阪神7x―6巨人(9日・甲子園)

 あとひと押しが利かなかった。山口俊が5回9安打6失点と崩れた。移籍後初黒星を喫した2日のDeNA戦(東京D)の雪辱はならず、ここ2戦12失点と精彩を欠いた。打線の奮起で黒星こそ免れたが、前半戦最後の登板で課題を残した。

【写真】球団歴代最年少で1500安打を達成した坂本勇人

 失点の仕方が悪かった。3回に2死から四球を与え、中谷に2ランを浴びた。直後の4回に味方が同点に追いついたが、その裏に1失点。5回に再び同点とした直後も、相手が走塁ミスで流れを失いかけたにもかかわらず、糸原の2ランなどで3失点を喫した。「いい攻撃でリズムを作ってもらえたのに…そこ(味方の得点直後の失点)が反省点です」と肩を落とした。

 菅野、マイコラス、田口に次ぐ先発として、逆襲を期す後半戦に山口俊の復調は欠かせない。2戦4被弾のFA右腕に対し、尾花投手コーチは「失点の仕方が前回と似ている。ホームランが多いので改善してほしい」と修正点を指摘した。

最終更新:7/10(月) 10:53
スポーツ報知