ここから本文です

ノンアルコールドリンクに酒混入 「グラブルカフェ」が謝罪

7/10(月) 13:12配信

ITmedia NEWS

 スマートフォンゲーム「グランブルーファンタジー」の世界観を再現したメニューなどが楽しめるコラボカフェで、ノンアルコール飲料に誤って酒を混入したとして、運営元のレッグスが7月8日、Webサイトで謝罪した。

【その他の画像】

 問題が起きたのは、大阪市阿倍野区で7日にオープンした「グランブルーファンタジーカフェ~シェロカルテの海の家~」(デラソウル シャルボン あべのキューズモール店内)。本来、ノンアルコールのブルーキュラソーシロップを入れるべきだった「6属性カラフルドリンク(水)」に、アルコール度数40度のブルーキュラソーを30cc入れ、合計32杯を提供してしまったという。

 原因は、飲料調理スタッフがノンアルコールブルーキュラソーシロップ補充の際、誤ってアルコール入りブルーキュラソーを補充してしまったこと。7日の3時半ごろの補充でミスがあったという。

 8日午後2時半ごろ、「ノンアルコールのはずのドリンクにアルコールが入っていた」とのSNS上の報告を同社スタッフが確認。店舗で調査したところ、アルコール入りで提供していたことが分かった。同日3時前後から店舗の全スタッフに周知し、ノンアルコールに切り替えて販売したという。

 9日以降は、「6属性カラフルドリンク」の取り扱いを中止し、ソフトドリンクのみの提供に切り替えた。「6属性カラフルドリンク」を注文するともらえるコースターは、コラボメニューかソフトドリンクを注文すればもらえる形に切り替える。グラブルカフェは7月26日から東京でも展開する予定だが、東京の店舗でも「6属性カラフルドリンク」は提供しない。

 該当の時間に「6属性カラフルドリンク(水)」を注文した顧客は、問い合わせ窓口にメールを送れば、代金を返金するという。

最終更新:7/10(月) 13:12
ITmedia NEWS