ここから本文です

【鈴鹿8耐】平忠彦氏も5年ぶりの来場、レジェンドライダーたちが40回記念大会に集結

7/10(月) 19:15配信

レスポンス

7月27日から30日に鈴鹿サーキットで開催される「2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会」に、平忠彦氏が来場することが決定した。

平忠彦氏は、1983年にYAMAHAのエースライダーとして全日本選手権に参戦。同年~1985年に3連覇を飾った。1986年、1987年にはWGP(ロードレース世界選手権)にフル参戦した。鈴鹿8耐では、1985年にケニー・ロバーツとのペアで参戦。マシントラブルによりリタイヤとなるも、斬新なマシンカラーリングやドラマチックなレース展開で人々の記憶に残るレースとなっている。その後、1990年に自身初の優勝を果たした。

平氏はGPスクエアで展開するステージでのトークショーに出演予定で、鈴鹿8耐でのイベント出演は2012年以来、5年ぶりとなる。

なお今年の鈴鹿8耐には、初代王者のウェス・クーリー氏をはじめ、グレーム・クロスビー氏、ケニー・ロバーツ氏、ケビン・シュワンツ氏の来場がすでに決定。レジェンドライダーたちが40回記念大会に集結する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/10(月) 19:15
レスポンス