ここから本文です

松本・出川に「マツダバーガー」 移動販売車で「本格バーガー」提供 /長野

7/10(月) 16:59配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松本・出川のガーデンヒルズ迎賓館南側に6月16日、移動販売車を使ったハンバーガー店「MATSUDA BURGER(マツダバーガー)」(松本市出川1、TEL 090-4230-7797)がオープンした。(松本経済新聞)

バンズ、パテ、ケチャップにもこだわる

 移動販売車で屋外販売を行う同店。空きスペースにはパラソルとテーブル、椅子を用意する。運営する「GALETTE-FACTORY」(同)の松田匡弘社長は、「移動販売車だが、『これぞバーガー!』という本格的なハンバーガーを提供したい」と話す。

 メニューは「ハンバーガー」(880円)と「チーズバーガー」(1,000円)。バンズは小麦粉にこだわった特注品。パテは信州産牛肉100%で、部位によって粗さを変えて自らミンチにしている。ケチャップも自家製で、「これでハンバーガー店を出せると思ったくらいの出来栄え。脇役かもしれないが、オリジナリティーを感じられるはず」と松田さん。トッピング(120円~)は、ベーコン、エッグ、パインなど。「生ポテトフライ」(300円)や、ドリンクはソフトドリンク(250円)のほか、「手作りレモネード」(450円)などを用意する。

 松田さんは松本市出身。5年ほどアメリカで過ごした経験や、銀座のハンバーグ店で勤務した経験を生かして開業した。「アメリカに滞在していた時は、ハンバーガーが好きで食べ歩いていた。野外やお祭りなどイベントの雰囲気も好きなので、今まで自分がやってきたことを全て詰め込んで、やりたいことをやろうと思った」。イベント出店などを行いながら準備を進め、拠点となる場所を構えた。

 今後、会社としてはガレットをメインに、トレーラーなどを活用した業態を考えているという。「おいしいものを食べるだけではなく、景色も一緒に楽しめるような仕掛けをつくっていきたい」とも。

 営業時間は11時~15時。イベント出店時と雨天時は休業。詳細はフェイスブックで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク