ここから本文です

急死した中嶋しゅうさんの代役に斎藤歩 13日から上演再開

7/10(月) 13:29配信

デイリースポーツ

 急性大動脈解離により6日に亡くなった俳優・中嶋しゅうさん(享年69)が出演していた「アザー・デザート・シティーズ」(東京芸術劇場シアターウエスト)の主催者は10日、中嶋さんの代役を斎藤歩(52)が務め、13日から上演を再開すると発表した。11日までの中止が発表されており、12日の公演も中止も決定した。

【写真】中嶋しゅうさんの思い背負って- 寺島しのぶら4人、上演再開を希望

 斎藤はこれまで「桜の園」「コーカサスの白墨の輪」(2005年)で中嶋さんと共演。主催の梅田芸術劇場は「中嶋さんのご生前から大変ご縁の深いこともあり、今回の難役へのご出演をお引き受け頂くこととなりました」と代役決定の経緯を説明した。

 「アザー・-」は、中嶋さんを含めた出演者わずか5人の濃密な芝居。クランクインまで5人と演出家で、マネジャーも排して約1カ月間、けい古を行ってきた。中嶋さんの公演初日での急死を受けて、主演の寺島しのぶ(44)をはじめ、中村蒼(26)、佐藤オリエ(74)、麻実れい(67)の残されたキャスト4人は7日、演出家の熊林弘高氏と今後について話し合い、舞台を終わらせたくない意向を示していた。

 26日が千秋楽で、29~31日には大阪公演(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)が行われる。